topママのリサイクル手芸

リサイクル&手芸

ママのリサイクル手芸のページ

スポンサードリンク
ままののリサイクル手芸





      私はとにかく手を動かすのが好きです。
      趣味として、洋裁、ドライフラワー、ニットの編み物などの手芸をやっています。



      下手の横好きかも知れませんが、子供の小さい頃の服やバッグ、コート、セーター、手袋など、

      ほとんど自分で作っていました。




      ”リサイクル手芸”を始めたのは、およそ五年前でした。最初はお洋服のリサイクルから始めたのです。

      その時、パパの着られない洋服がいっぱいあって、処分に困っていました。

      上着だったら襟と袖口ぐらい、ズボンだったらお尻の所ぐらいがボロボロになったけど、
    
      ほかのところがまだまだ丈夫だから、どうしても捨てられなかった。雑巾にしても、そんなに使わないし、   

     
      そこで、リサイクルしようと思ったのです。

      たとえば、よろよろになったトレーナーの袖を利用して、子供のズボンに加工したり、

      夏シャツの袖と背中の部分を使って、子供の日よけ帽子とつなぎ服にしたりしました。




      このような創作みたいな”リサイクル手芸”がとっても楽しかったのです。

      今は子供が大きくなって、パパの服でリサイクルするのはちょっと難しくなった。

      というのは、利用できる部分が足りないからです。ここにきて、洋服のリサイクルは一旦終りにしました。


      でも、洋裁はまだ趣味として続いています。

      最近では、自家用車のサンーシートを作りました。

      その生地の一部もハギレのリサイクルでした(写真)。



      そして、今から二年前、偶然、”あんでるせん手芸”に出会いました。

      その手軽さ、面白さに魅了され、すぐにはまってしまいました。




      「あんでるせんって、何ですか? アンデルセン童話のことではありませんか」と思う方もいるかもしれません。

      ”あんでるせん手芸”の本を探しに図書館に行ってスタッフに聞いたときも、同じよう聞かれたことがありました。

      今は指先のリハビリによく薦められていた”あんでるせん手芸”が、意外に知られていませんでした。




      ”あんでるせん手芸”って、簡単に言えば、主に、広告チラシや、古新聞や、雑誌を使って、かごや小物入れ、

      アクセサリ、ビーズなどを作る手芸です。この手芸は初めの方でも、簡単にできるのが最大の特徴です。

      そして、できた作品がチラシや古新聞、古雑誌で作った物とは思えないほど見栄えがよく、

      思わず感動してしまいます。




      私は”あんでるせん手芸”を始めて以来、すっかりはまってしまい、

      小さい籠、鉢カバーから、大きいチラシ暖簾まで、自分でもよくわからないほどたくさん作りました。




      
 この手芸のもう一つの魅力は、
 もし塗装しなければ材料費がほとんどかからない点です。
 (塗装しなくても十分きれいで使えますよ)


      私は最初作ったものを全部あんでるせんコート液(いわゆる塗装液)で塗りましたが、
      そのコート液の匂いが気になってしまい、それからは塗らないようにしました。
      コート液を塗らなくても十分見栄えがいいですよ。


      その代表作品は後で紹介するつもりのチラシ暖簾です。





      もちろん、匂いが気にならなければ、塗装したほうがよりきれいに見えます。

      ただし、覚悟しておかなくてならないのは、

      そのキツイ匂いが消えるまでには、少なくとも半年ぐらいかかるおいうことです。

      というわけで、私のお勧めはコート液無しのほうが一番楽だし、環境にもいいと思います。





      さて、話を元に戻します。

      この手芸の楽しさをぜひ皆さんに知ってほしいため、

      これから、皆さんに作り方の基本を紹介させていただきます。

      イメージとして、今まで私が作った作品の何点を写真で紹介します。こんな感じです。





花籠(飾っているドライフラワーは自作です)

鉢カバーとミニ花の鉢棚

鉢カバーと花瓶型の花挿し

コーヒーカップ型の花かご

竹鉢カバー(小鳥は自作→発砲スチール製)

墨入れ筒(小鳥は自作→発砲スチール製)

ミニ観葉植物の鉢カバー

充電器や電気コードなどの小物入れ
   


     とても簡単なので、ぜひこの楽しさを味わってください、
 特に、お年寄りの方にお勧めです。
 手先が器用になるし、役に立ちますし、認知症の予防にも役に立つそうです。






     

      ”あんでるせん手芸”スタートの基本の材料:


   
     @チラシ(ここではチラシを例にいたします)
     A巻き棒  
     Bボンド(あるいは糊) 
     C地巻きワイヤー  


     説明: 


     巻き棒:チラシを巻くときに使います。表面に溝があるので、紙が滑りません。
          一般に細、中、太、特太の四種類があります。セットで販売されています。
     地巻きワイヤー:かごをしっかりさせるために、たて芯に入れて使います。通常紙テープが巻いてあります。



     もし塗装まで仕上げたかったら、さらに、D あんでるせんコート液  E あんでるせん刷毛(はけ)を追加します。



     ほかに、これがあれば、便利かなと思う小工具:

     @カッター  A定規  B小カップ(ボンド入れ)  C楊枝1本(少量しか使わないボンドをつけるときに便利)




     クルクル棒の作り方:(チラシで作る棒をクルクル棒と呼ぶ)




     @チラシを用意します。
      チラシの紙の厚さがポイントです。薄すぎると巻くときに破れやすいし、厚すぎると巻きにくいです。
      また、仕上げをきれいにするために、表面がつるつるしているチラシのほうがいいです。




     Aチラシを巻き棒にあわせて切ります。
      ここで書いているサイズはあくまでは目安なので、こだわる必要はありません。
      長さが長くても、短くても大丈夫です。 
      つなぎながら編んでいきますので、長いほうが便利です。 
  



      巻き棒のサイズ→     太               中             細
      紙のサイズ→   12〜15cm×55cm       10cm×55 cm      8cm×55cm



     B写真のように、巻き棒を紙の対角線に平行に置きます。
     C端から、きっちりと巻いていきます。
     D巻き棒をずらしながら、巻いていきます。このとき、
      巻き棒がずらされた所が広がないように注意しましょう。
     E巻き終わったら、楊枝でボンドをつけ、とめます。
     F巻き棒をまわしながら、抜きます。 

      クルクル棒の出来上がり。

B
C
D
E F
   *注意:写真のように、先が尖っていないと、繋ぐときに不便なので、巻き棒の扱いに注意しましょう。






  たて芯の作り方:(かごなどの底から立ち上がっているクルクル棒をたて芯と呼ぶ)
     たて芯には丈夫にするために、ワイヤーを入れる必要があります。   


   
   @たて芯に入れるワイヤーをつなぎます
    (つなぎ目がでこぼこにならないように注意しましょう)。
   Aたて芯にワイヤーを入れます
    (ワイヤーが抜け落ちないように、
     端をとめておくのもポイントです)。









  編み芯のつなぎ方:(かごとかぐるぐる編んでいるクルクル棒を編み芯と呼ぶ。
        
     つなぐクルクル棒の先に、ボンドをつけて、3センチぐらい差し込みます。
   

   説明:
   @編み芯は自然と、はじめが太く、終わりが細くなります。
    細いほうから先に編んでいくと、太いほうで終わります。
    そこに、次の細いほうが差し込めるようにできています。
   A編み芯にはワイヤーを入れません。




    編み方:
    編み方がたくさんあります。十字編み、楕円編み、折り返し編み、ざる編み、追いかけ編み、縄編みなどがあります。
    例として、一番簡単なざる編みと縄編みを紹介しておきます。  
    ざる編み:
          一番多く使われ、代表的な編み方です。
          編み方として、編み芯一本で、
          たて芯を上下くぐらせて進みます(図面を参考に)。
  


    縄編み:  
          編み終わるときに、よく使われます。
          編み方として、編み芯2本でたて芯の間で、
          一度をねじって、たて芯を挟みながら、
          編み進みます(図面を参考に)。





   例として、筒型鉢カバーを作ります。




    材料: 15cm×55cm チラシ 60枚、巻き棒(直径6mm)、 ワイヤー(太さ22番)33本とボンド。
   @作り方:
   @ワイヤー入りクルクル棒を横4本、縦4本の井桁組みにし、
    たて芯とする。
   Aたて芯のうち右上の一本を編み芯として、
    たて芯の上、下をくぐらせます。
   B二周してから、根締めをします。
   C新たなクルクル棒を足し、編み芯を二本にします。
@




A〜B C
    Dたて芯を放射状に広げながら、縄編みにします。
     直径15cmまで、縄編みをします。  
    E裏返して、たて芯を立ち上げ、縄編みをします。
     高さ12cmまで縄編みにし、余分の編み芯を切り、
     内側にボンドでとめます。 
    F縁を始末する。たて芯を右隣のたて芯に、
     内、外、内側の順にかけます。
    GFを繰り返して一周します。
     最後のたて芯の編み目に通します。
     余分のたて芯を切り、出来上がり。
D

Eー1

E-2

E-3

F-G

    注意ポイント: 少し力が要りますが、しっかり隙間のないように編むことがきれいに仕上げられます。





 
    今度は、私の自慢作品を紹介します。作り方も籠編みより簡単です。それはチラシ暖簾です。
    つまり、チラシでビーズの形を作って、釣り糸のテグスでつないで作った暖簾です。
    





    
    材料:  
        チラシ
        ボンド
        細い巻き棒
        ボンド
        パール
        釣り糸(テグス)

     チラシのサイズ 50cm×2cm   
チラシビーズの形とパールのサイズ
玄関に飾っているチラシ暖簾のイメージ チラシ暖簾のアップしたイメージ
   


    ここで注意するのは、チラシの形です。いつもの長方形ではなく、三角形ですよ! 
  


    最初は50×2の長方形に切って、それから、対角線に沿って、もう一回切ればOKです。
   

    ここでできたチラシの形は、直角三角形なので、見栄えのいいチラシビーズを作るには、
    やはり二等辺三角形のほうがいいですが、ほんの少しなので、気になさらなくても、かまいません
    (ちなみに、私は直角三角形のままで使いました)。





     一口アドバイス:   
    


    チラシをカットする時に、一枚、二枚とカットするのはかなり時間かかりますから、
    20枚、30枚でもまとめて切ったほう速いです。カッターと少し厚さのある板(なければ、
    定規でもいい)を使えば、簡単にまとめ切りができます。




    そのほかに、使用するチラシの枚数ですが、それはチラシ暖簾の幅と長さによって違います。
    我が家のチラシ暖簾の場合、 一列のチラシビーズの数は28個、56列があるから、合計1568枚でした。
    



    作り方は、クルクル棒と同じです。
    巻き棒でもいいし、楊枝でもできます(ちょっと難しい)。単純作業なので、簡単です。
    普段あいている時間を利用して、私がこれぐらいのチラシビーズを作るには、
    1週間ぐらいかかりました。テレビを見ながらでもできる作業なので、ぜひ試してください。




    
    チラシビーズができたら、今度は繋ぎの作業です。パールと交互で繋いでいきます。
    繋ぎ糸として、あまり太い糸は通せないので、私はパパの釣り用の糸(テグス)を使いました。
    釣り糸は細くて、とっても丈夫です。





    ついでに、パールのことも少し話しましょう。特に高いパールを使わなくてもいいですよ。チラシビーズとほぼ同じ数で、
    大量に使いますので、高いものだったら、コストがぐん〜〜とあがります。
    コストが低いのがチラシ手芸の原点なので、 高いものはお勧めしません。
    安くて、子供向きのパールのネックレスがいくらでも売られていますから、それを利用すれば、
    コストがかなり低いですよ。ちなみに、私は近くのダルマ薬局で、200粒ぐらいあるパールのネックレスを見つけました。
    そのネックレスはたったの398円ですよ。八本買い、三千円ぐらいで済みました。
     




    ここまで、チラシのリサイクル手芸を簡単に紹介しました。
    ご興味があれば、ぜひお試しください。
    普段の生活がきっと感動が増えて、楽しくなりま〜〜〜〜す。



                                                         













トップ〜
食育と健康な暮らし








食育の大切さについて








健康な体と栄養








食生活の見直しについて








生活習慣病&肥満








キレる子供の食生活








ボケ防止の食生活








食生活指針








理想的な食事=日本食








身近なあれこれ


話題の食材と
その健康パワー










この豆知識って
知ってるかな










 とっておきー
 我が家の自慢料理










家庭菜園で
無農薬野菜作り










夢の庭造り









パパの週末DIY








ママのリサイクル手芸








愛犬物語




























































ママのリサイクル手芸のページ
URL:http://www.hdt185.net/
Copyright (C) 食育と健康な暮らし All Rights Reserved